Gallery‎ > ‎

古材額縁

c-frame

 30年以上使用されたいけすの足場、倉の解体で手に入れた古材、線路の枕木や時には道ばたで朽ちかけた木材を活用した額縁を制作しています。抜けた節目や苔など、素材の持つ個性を活かし、作家の作風にあわせてつくる一点物です。ひとつとして同じ額縁は存在しません。作品の荒々しさも繊細さも見事に引き立たせています。

額縁のほか、ショーケースや家具も手がけ、最近は看板や店舗内装なども請け負います。